よくあるご質問

納豆の食べごろはいつですか? / 納豆は腐りますか?
工場で発酵と熟成をさせたうえで出荷をしておりますので、賞味期限内はいつでもおいしく食べていただけるとは思いますが、賞味期限までの間にも納豆菌による熟成が進んでいきますので、少しずつお味は濃くなっていくかと思います。しかし、外気温の変化などで二次発酵が始まってしまうとアンモニア臭を発したり、苦み、えぐみを感じられるかもしれません。これらは発酵作用の中で発生したものなので食べていただいてももちろん無害です。
納豆自体は納豆菌自体が支配的であるため発酵はしても腐敗はしにくいのですが、保存環境などにより有害な雑菌が優位となってしまい、結果として腐ってしまうこともございます。
納豆の保存方法の基本としまして、10℃以下の冷蔵保存をお願い致します。
納豆の表面に白い膜がはったり、白い粒状のものができていることがありますが、食べても大丈夫ですか?
納豆表面の白い膜状のものは、カビかと思われる方もおられますが、納豆菌の菌叢(きんそう)といって、よく発酵しているサインとなり、納豆にとっては良い状態を示すもので、食べていただいても全く害はございません。時間の経過とともに白い納豆菌は溶けたようになり、薄茶色に変化していきます。
白い粒上のものはチロシンといい、アミノ酸が結晶化したものです。(タケノコの切り口についた白いものと同じものです。)大豆に含まれるたんぱく質を納豆菌が分解してアミノ酸に変え、それが納豆の味となっていくのですが、時間の経過とともに発酵が進むと、増加したアミノ酸が結晶化し、納豆の表面に点々と現れ、苦みとして感じられることもあります。
こちらも10℃以下での冷蔵保存状態では賞味期限内に発生することはあまりありませんが、発酵が進むと発生する場合がございます。ジャリジャリとした食感がする場合がございますが、アミノ酸は無害ですので安心してお召し上がりください。
保存の方法を教えてください。
10℃以下での保存をしていただきたいので、必ず冷蔵庫に入れていただくようにお願い致します。
10℃以上の環境に長時間置かれますと納豆菌が活動をはじめ二次発酵が起こり、アンモニア臭やチロシン発生の原因となってしまいます。
冷凍保存もしていただけますが、解凍の際に豆が柔らかくなりすぎたり、反対に乾燥して豆が硬くなってしまう場合や、糸引きの具合が弱くなる場合もございますので、できればご購入後、冷蔵保存したものを賞味期限内に召し上がっていただくことをおすすめ致します。冷凍をされる場合はご購入後、なるべく新鮮なうちに冷凍庫に入れていただき、1か月以内にはお召し上がり下さい。常温や電子レンジでの解凍は品質を大きく変えてしまうことがございますので、召し上がられる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移していただくことをおすすめ致します。
食べる前にどのくらい混ぜると良いのでしょうか?
かの美食家、魯山人は納豆は極力練り返すことで美味くなると言ったそうで、その回数は約400回だったのではないかとも言われていますが、もちろん納豆の混ぜる回数や調味料を入れるタイミングには特に決まりはなく、皆様それぞれのお好みの方法を見つけていただくことが1番かと思います。ちなみに、混ぜる回数によって納豆の栄養素が変化することはなく、また旨み成分が増す、という明確なデータもございませんが、混ぜる回数が多くなることで美味しさを感じる理由は、よく粘りがでてなめらかな舌触りが生まれることが大きいのではないかと思われます。
ちなみに、我々が試食販売イベントなどでお客様に納豆をご提供する際は、まずは添付の調味料を入れずに、納豆だけの状態で約20回程度かき混ぜて、それから調味料を入れて10回程度混ぜるという形でおすすめしております。はじめに納豆だけを混ぜることにより、粘りがよく出て美味しくなりますよ。
納豆にはどのような栄養が含まれていますか?
たんぱく質・・・骨や筋肉などを作り、エネルギー源となる
カリウム・・・血圧を下げる、皮膚細胞の活性化
鉄分・・・立ちくらみなどを防ぐ
食物繊維・・・整腸作用
カルシウム・・・骨や歯の形成、イライラの解消
ビタミンB2・・・美肌効果
ビタミンB6・・・免疫力向上
ビタミンK2・・・カルシウムを体内に取り込む
ナットウキナーゼ・・・血栓を溶かし血液をサラサラに
大豆イソフラボン・・・女性ホルモンのバランスを整える
などがあります。
(参考:全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター ホームページ)
遺伝子組換え大豆を使用していますか?

弊社の納豆製品には遺伝子組換え大豆を一切使用しておりません。

京都伏見 鶴の子納豆本舗

商標登録 鶴の子納豆
高橋食品工業株式会社

〒612-8121 京都市伏見区向島善阿弥町62(むかいじま ぜんあみちょう)
Tel.075-621-3931 / Fax.075-622-1071
フリーダイヤル 0120-710-114(平日午前9時から午後5時まで)
tsurunoko@e-nattou.jp

ページの先頭へ